運営者情報(当サイトについて)

はじめまして。おむ2(オムツー)と申します。
当サイトへのご訪問、誠にありがとうございます。
当サイトは定年がどんどん伸びている100歳時代の働き方やお金について情報を発信しております。

「上司がクズ!」「給料が低い!」「ここでずっと働かなきゃだめなの!?」「転職ってあり?」「みんな副業やってるの?」
「老後ってお金どうしたらいいの?」「みんな株とかやってるの?」

昔も今も、同じような悩みは尽きませんよね。ただ100歳時代の人生はお金と健康を考えながら走るフルマラソンです。60歳がゴールではなくなった今の時代ではこれまでと全く違う人生設計が必要になってきます。

  1. 長く楽しく働くコツは?
  2. 転職や副業はするべきか?
  3. 老後の資産運用って?

当サイトではこのようなことを中心にお伝えしております。

そしてその答え、軸になる考え方は以下のとおりです。

ポリシー
  1. 副業や投資を経験することで経営者感覚を身につける
  2. 経営者感覚で自分を評価し、職場改善や転職を成功させる
  3. ストレスゼロの環境で副業や投資に時間を使い豊かになる

このようなシナジー(相乗効果)を狙っていきます。平凡な私にも出来たので、あなたにもご提案させて頂きます。

100歳時代は上手に長く稼ぐ

ーーーーーーーーーー

まず初めに自己紹介をさせて頂きます。


プロフィール
  • 1972年生まれの48歳(既婚)
  • 一部上場企業で全社の在庫管理責任者を担当(年収は1千万程度)
  • ❌20代でリーダーを任され鬱になり出社拒否
  • ⭕ネットショップ副業で成功
  • ❌ネットワークビジネスで失敗
  • ⭕株式投資で成功
  • ❌飲食店経営で失敗
  • ❌ビットコインで失敗
  • ❌YouTuber失敗
  • ⭕ブログなどメディア運営成功

経歴を別で表現しますと、
「真面目なサラリーマンがうっかり手を出した副業や投資で成功や失敗をしたがそれなりに財産にはなったしネタにもなったしなぜか出世した」
こんな感じでしょうか。

20年以上も昔、当時は今と違って副業は禁止でしたし、何なら株式投資などの別収入があることすら言うことがはばかられました。今は副業も当たり前、会社も年功序列から成果報酬へスライドして安定した賃金の補償もありません。いい意味で実力制で社歴は関係なくなってきました。

その時その時のベストな職場を見つけて転職でキャリアアップというスタイルも普通ですし、企業もそういった知識と経験の幅が広い人材を求めています。2つの企業に就職するという「複業」スタイルも広がりつつあります。

さらに国の方向性として副業を解禁したり、資産運用を推奨することで将来を自分自身で保証することが時流となっています。

ただ、そうは言ってもそんなに簡単に結果が出せるものではありません。しかし『楽しく稼ぐ』という私のマラソン型スタイルは広い層におすすめ出来ると思っています。
私が歩んで来たのは小さな努力、と言うより自分では趣味の範囲というスタイルで結果を出してきました。
そしてそれは今の100歳時代、定年が70歳や75歳などと言われる時代に合っていると思うのです。

  1. 会社で大出世
  2. 副業が大成功で独立
  3. 投資で億万長者

これらは理想ではあるのですが、その達成には何かを犠牲にするほどの大きなパワーが必要になります。そして失敗に伴うテンションダウンにも耐えなければなりません。

副業を寝る間も惜しんで頑張ると会社で結果が出せずに本業収入が減るリスクがあります。そのせいで副業は結果を必ず出さなければならず、楽しいはずがプレッシャーに潰され本末転倒となります。

かといって副業せずに出世が正解かというと今の時代はそう単純でもありません。能力の高い若者にポジションを奪われますし、会社が傾けばあなたの人生も共倒れになります。

そこで私が提案したいのは結果にコミットして達成するのではなく、楽しんだものが「結果的に」収入を増やしているという形が良いのではないかということです。
特にミドルエイジ、30代後半あたりから50歳前後なら野心を持ってなりふり構わず独立という方法よりもリアリティがあります。

サラリーマンという本業の資産基盤は増やしつつ、快適に働きつつ、そのお金で副業や投資をする。そしてそれが相乗効果で本業の昇給にも繋がる。そんなサイクルが理想ではないでしょうか?

例えば私のやってきたことは、

  • 株式投資を楽しむ→財務諸表に詳しくなる→自分の勤めている会社を株主目線で見れる
  • 副業を楽しむ→儲けるために機材やソフトウェアを購入する→先行投資と利益の回収についての経験がある

こういったように、『周りとはちょっと違うサラリーマン』になっていました。そして出世願望はありませんでしたが年収は増えていきました。

この出世、年収アップを改めて振り返ると理由はシンプルで、「経営者目線で仕事を考えていた」ということだけだったと思います。もちろん勤めていた会社の経営に興味は全くありませんでした。ただ持っている株価や副業の利益を考えているうちに自然と身についたものです。

興味のある儲け話や新しいコンテンツ(ネットショップ、オンライントレード、ビットコイン、ブログ)などに小さく参入してみたことも、振り返ってみれば本業も副業も投資もそれなりにうまくいく結果となりました。

会社の取締役クラスの人間は投資話が好きですよね。投資の会話が出来るだけで、同じように働いている同僚よりも給与が上がるチャンスがあるわけです。希望する業務に就くことも出来ました。

遊び半分でやってますから体力をそれほど使っていない割に、それぞれが相乗効果を出して大きなパフォーマンスを出しています。

相乗効果で2倍3倍のメリットを得る
  1. 副業で小さく稼ぎつつ、経営者感覚を身につける
  2. 投資で小さく稼ぎつつ、経営者感覚を身につける
  3. 経営者感覚を身に着け、本業の職場環境を管理者目線で改善する
  4. 管理者目線で自分を評価し、昇給に必要なアクションをする
  5. 採用者目線で自分を評価し、転職に必要なアクションをする
  6. ストレスの無い職場をベースに、副業や投資に取り組む
  7. 定年に関係なく自分のビジネスや投資を一生楽しむ

どうでしょうか?嫌いな上司にやりたくない仕事を任せられる毎日とは少しイメージが変わるのではないでしょうか。少なくとも受け身の人生からは脱出できそうだと思いませんでしたか?

今の会社でもっと結果を出したいと考えているのであれば、それを評価してあなたにお金を払う側の感覚になるほうが達成が早いです。転職を考えているのであれば、採用する側の感覚があれば簡単になりますし。転職サービスがどういう商売なのかも理解できれば活動も成功しやすくなります。

副業や投資で得られるメリットをさらに突っ込んでみましょう。

副業をする(経営者になる)ことのメリット
  1. 自分の参入すべき業界業種を真剣に考える=将来伸びていく業界がわかる
  2. 自分の参入すべき業界業種を真剣に考える=勤めている会社の将来性がわかる
  3. 売上や利益について真剣に考える=勤めている会社の経営状況がわかる
  4. 売上や利益について真剣に考える=転職サービス側の気持ちがわかり、カモにならず上手に利用できる
  5. 売上や利益について真剣に考える=職場の生産性を経営者目線で考え、提案出来る
  6. 確定申告を行う=税金についての理解が深まる
  7. 業界業種、利益について真剣に考える=投資すべき会社(銘柄)がわかる
投資をすることのメリット
  1. 財務諸表が理解出来る=勤めている会社の経営状況がわかる
  2. 投資すべき銘柄を勉強する=伸びていく業界、会社がわかる
  3. 投資すべき銘柄を勉強する=副業で狙うべき業界業種がわかる
  4. 確定申告を行う=税金についての理解が深まる
  5. 世界の情勢や経済の動きに詳しくなる=ビジネスマンとしてのステータスが上がる、自分のビジネスが成功しやすくなる

このように副業や投資をすることは相乗効果によって副業や投資はもちろん、会社でのステータスアップや転職活動など全てが成功しやすくなります。

こういう感覚で少しだけ自分の価値を高めてみませんか?楽しめる副業、投資などを見つけ、その相乗効果で職場改善や転職を成功させましょう。
そこで得たストレス無い職場環境とお金を、将来の自分のビジネスや投資に使って一生過ごすという生活は実現可能です。(社会保障も少ないながらありますからね。)

再確認としてお伝えしますが

当サイトは副業で月100万円稼いで独立を推奨するサイトではありません。
会社で同僚を蹴落とす出世術を提供するサイトでもありません。
バクチのような投資を勧めるサイトでもありません。

私のような凡人が、誰にでも出来る、長い人生を豊かに暮らせるためのコツを提供しているだけです。

誰にでも出来る人生を豊かにするコツ
  • 本業を大切にする(一日の大半を過ごす場所・副業や投資の資金源)
  • 小さくても自分のビジネスを持つ(年収を自分で決める喜び・経営者感覚の育成)
  • 小さくても資産を運用する(老後の安心、経営者感覚の育成)

何か大それたことをする話ではありません。
楽しく(快適に)毎日働き、さらに加えて別の生きがいや収入源を広げているだけのことです。リスクを背負う必要はありません。
これらを相乗作用させることで、人生は豊かになります。

当サイトがあなたの人生を変える、小さなきっかけになることを願っています。