人生の大チャンス①転職:5つのメリットを人生設計に組み込もう[考えてみるだけで効果絶大]

転職活動の5つのメリットを理解しよう

転職していく同僚が多いのですが、私も転職したほうが良いのでしょうか?

あなたにとって転職がベストとは限りません。まずは転職のメリットを理解してからでも遅くないでしょう。 

「転職したほういいのだろうか」多くの人が一度は考えたことがあるのではないでしょうか?特に昨今は人材市場が活発で、上手に転職サービスを活用すればキャリアアップのチャンスになります。同僚が転職していけば焦るのも当然です。

ただ周りが転職しているから、今の職場環境が悪いからというだけの理由で転職を考えるのはよくありません。転職を決める前に、まずは転職のメリットを理解しておきましょう。そのメリットが今の職場でも享受できるのであれば、現状を修正するプランでキャリアデザインが可能です。不安も少ないかもしれませんね。

転職をするにせよ、しないにせよ、リアルに転職活動をイメージすることでたくさんのことがわかります。

今日のポイント:転職活動5つのメリット
  1. 自分で起こす大きな環境変化
  2. キャリアアップ、収入アップ
  3. 自分の見つめ直し(市場価値、性格、人生設計)
  4. 今の環境の客観的な評価
  5. 人材市場の理解、転職タイミングの理解

これらをあなたの環境に合わせながら具体的に考え、動いてみることで転職をするしないに関わらず人生の視野が広がるはずです。ひと昔前の「どうやって今の会社で出世して収入を上げるか」という狭い範囲の無理難題に比べれば選択の幅、考え方の幅は大きく広がりました。

それではこれから一緒に、もう少し具体的に考えてみましょう。

転職活動のメリット1:自分で起こす大きな環境変化

すぐにイメージ出来るのは環境変化ではないでしょうか?転職は必ず会社を移ることになりますから、職場から仕事内容、一緒に働く仲間などが一気に変わります。職場に不満がある方ならこれだけでわくわくしてしまうかもしれませんね。

この大きな変化をあなたが自主的に起こせるのですから、転職は長い人生では珍しい「自分で拾ってこれるチャンス」と言えます。もちろん転職活動は計画的に、綿密な準備をしながら行うものです。そしてデメリットもありますが、まずは大きなチャンスであることは知っておくべきでしょう。

環境の「何を」変えたいのかを具体化しておこう

環境を劇的に変えることが出来る転職ですが、環境の何を変えたいのかは具体化しておきましょう。あなたは会社そのものに不満があるのでしょうか?

あなたの変えたい環境は?
  1. 人間関係(上司や部下)
  2. 仕事内容(所属部署、担当業務)
  3. 労務環境(通勤距離、残業時間)

もしあなたの勤めている会社が社会的には優良企業で、あなたがたまたま嫌いな上司の下で働いているだけならば転職が正解かは疑問です。社内での異動や転勤で環境が変わりますし、上司が変わるだけで全てが解決することもあるでしょう。

人間関係のトラブルは転勤先でも起こりますし、中途採用としてのあなたのポジションなりの接し方も必要になります。そして転職先での仕事内容は転職を受け入れる企業とあなたとの交渉次第です。

あなたがどのような仕事で今の会社に貢献できて、そのために必要な環境が整えてもらえないというのであれば転職という選択肢が出てきます。いざとなったら伝家の宝刀「転職」を振りかざせばよいと思いながら、今の会社の問題点を注意深く見直す機会にしてみてください。

転職活動のメリット2:キャリアアップ、収入アップ

転職の大きなメリットはキャリアアップとそれによる収入アップです。現職での評価が実際の能力より低ければ、その能力を高く買ってくれる企業へアプローチ出来る時代です。

もし転職先が同じような給与だとしても、そこで経験できることはあなたの価値を高めることになります。そして次の転職で収入アップを狙えるというキャリアデザイン、キャリアアップのルートとして描くことができます。

だだし実際に転職さえすれば収入がアップするという簡単なものでもありません。転職スキルを磨きながら、丁寧な準備が必要です。その方法は別でお話することになりますが、良い機会ですので今の職場でのキャリアアップが描けないかどうか、考えてみてはどうでしょうか。

今の会社でのキャリアアップは可能か?
  1. 会社が10年後に注力している事業は何か
  2. その事業に自分が関わるために必要なスキルは何か
  3. そこでどこまでの昇格、収入アップが可能か
  4. 希望の職種に就ける制度、環境があるか
  5. そのキャリアビジョンはあなたの成りたいものか

このようなことを考えることはあなたのキャリアデザインが具体化出来るだけでなく、今の会社が将来的にどうなっているかを予想することに繋がります。どの事業を伸ばし、どのように社会に貢献しているのか。

きっかけは転職かもしれませんが、今の会社の業界、製品やサービス、あなたの所属部署が将来的に安定なのか不安定なのかを考えることは非常に大切であり、長い人生でのリスクヘッジとなります。

転職活動のメリット3:自分の見つめ直し(市場価値、性格、人生設計)

転職活動を始めると、まず頭が痛くなるのが履歴書職務経歴書です。必ず必要になるこれらの書類は、あなたがあなたの価値を文字で表現する作業となります。

そしてあなたの価値とは、今の会社で何が出来るかではなく、次の会社で何に貢献できるかが指標となります。市場価値という言葉がありますが、人材市場においてあなたを採用する企業はあなたに給与を払う代わりにその対価を求めます。

あなたはいくらで、何をしてくれますか?

価値が高い能力であれば高い報酬を支払ますし、そうでなければ低い報酬あるいは不採用です。

少し暗い話になってしまいましたが、今の会社に残るにせよ、別の会社に行くにせよ、あなたがアピール出来る能力、市場価値を見つめ直すことは豊かな人生を送る上で必要なことです。キャリアデザインの基本なのです。なんとなく生きていると考えもしませんが、転職は良い意味であなた自身の価値に気づくきっかけとなります。

転職活動では採用面接があります。あなたのことをたくさん質問してくるでしょう。

「どうして転職するのか」「あなたの長所・短所は」「当社に入社したら何が出来るか」「希望する給与額は」「この業界はどうなると思うか」「今何か励んでいることはあるか」などなど。

採用面接対策についてはしっかりやれば大丈夫で、国家資格を取るような難易度ではありません。それよりもどれだけ自分自身のことを理解出来ているかということが問題です。それは能力のことでもあり、性格のことでもあります。

そこさえ理解出来ていれば面接も怖くありません。採用か不採用かはタイミングや縁のものでもありますのでやれることをやるだけです。

何よりも大切なことはあなた自身のことを深く知り、人生について考え直すきっかけにするということ。転職は手段のひとつでしかありません。あなたの好きなこと、能力を活かせる場所で社会に貢献し、長く楽しく働ける場所を見つけてください。

転職活動のメリット4:今の環境の客観的な評価

あなたは考えたことがあるでしょうか?「今あなたが勤めている会社に入社したい人たちがいる」ということを。

隣の芝は青く、自分の会社には不満しか見えていないかもしれません。しかしあなたの会社が求人を出せば、入社したいという人たちは少なからずいるのです。

転職活動を始めると、転職先での条件の厳しさに直面します。よほど売りのある能力があるか、それにしっかり気づいていれば強気にも出れますが、ほとんどの人はそうではないでしょう。

メリット4でお伝えしたあなたの価値を見つめ直すプロセスではっきししてくるとは思いますが、無計画に転職サイトなどで選んでいるだけではいい会社は見つかりません。いい条件の会社は募集条件が厳しいですし、応募できそうな会社は今のキャリアを捨ててまで魅力的かどうかは微妙となるはずです。

なぜ、応募できそうな会社が見つからないということになってしまうのでしょうか。厳しい言い方をしますと、会社で働いている人のほとんどは給与を貰いすぎているからです。給与が安いと不満を言う人は多いですが、それでも転職のときに「あなたが何を、いくらでやれるのか」という問いに対して強気に出れる人はほとんどいないでしょう。
また、もしあなたが社長だった場合、あなたに対して今やっている仕事に、いくら払うでしょうか?あなたのその30万円の仕事を中止して、社長であるあなたの収入にプラスオンしてもよいような仕事ということはないでしょうか?

会社は優秀な2割の社員だけで利益を出し、全員で配分しているとも言われています。もちろん会社によって違いますが、うなづける会社も多いです。そして外から見れば、残り8割の社員の働きを見て「あんな仕事であんなにも給料がもらえるのか」とうらやましがられます。

転職をリアルに考えると、今の環境を改めて客観的に見れます。他の企業にあなたという人材を買ってもらうほうが高値がつくなら転職ですし、今の会社だからこそ価値があるなら留まるしかありません。

転職にあたり、あなたの市場価値を改めて考えてみてください。あなたの給与はいくらであるべきでしょうか?

注意

ひとつだけ注意点があります。一般的な企業はその企業でしか通用しないスキル、人材を育てるような環境を作ります。自社での専門性を高める目的でもありますが、結果的に社員が外へ出れないことになります。成長できるはずのスキルがその環境のせいで成長できなくなっているということです。
キャリアデザインを行う上で、「今の職場で(世の中に通用する)何の技術を習得できているのか」という視点は常に忘れないでください。

転職活動のメリット5:人材市場の理解、転職タイミングの理解

最後はややテクニック的な話になります。転職が就職と違う大きなメリットに、自分でタイミングを決められるということがあります。

就職では大学や大学院などを卒業後、すぐに決めなければなりません。しかし転職はあなたのタイミングでいいわけです。

そして私があなたにお願いしておきたいのは、転職活動を気持ちに余裕のある時期にやってほしいということです。

まず転職ありき、明日にでも退職したいという追い詰められた時期に転職すると大失敗します。転職しようか、しないなら今の会社でどうキャリアアップしようか。そんな気持ちの余裕を持ちながら転職について調べてほしいのです。

そうすると転職について次のようなテクニックを学べます。

転職のテクニック(例)
  1. 伸びる業界を狙うことで自分の価値、収入をアップさせる
  2. なんでも屋さん(どのスキルも80点)は評価されない。何かを尖らせる
  3. 転職活動で社会人として当たり前のことをきちんとやる
  4. 書類や面接の練習、企業紹介をしてくれる転職サービスを無料で使う
  5. 人材市況が良い時に動き、悪いときには動かない

つまり今の会社で安定した収入や仕事のある期間に、転職するときのことをシミュレーションしながら実際に考え、調べ、動いておきます。

  • これか伸びる業界は?利益率の高い=報酬の高い業界はどこだろう
  • 今の会社で自分が誰にも負けないスキルは何だろう。もっと研ぎ澄ますにはどこの部署で働けばいいだろう
  • 職務経歴の年月、活動を振り返っておこう
  • 募集の多い時期か、少ない時期か、専門家に聞いておこう
  • 実際に利用する転職サイト、転職エージェントを試しておこう
  • ○歳の転職はどういった攻め方になるんだろう?○歳まで何年だろう

どうですか?まだはっきり転職の意思を決めていない間のほうがより広く、深い情報を集めることができるのではないでしょうか。そしてご自身の年齢や人材市場の動向などでベストのタイミングに飛び込んでいける準備は早ければ早いほどメリットは多く、早くするデメリットは全くありません。

まとめ:あなたのキャリアは自分で設計できる

転職はあなたの人生にとって、大きなチャンスだということが理解していただけたでしょうか?転職することでキャリアアップの可能性が広がることはもちろん、転職について考えてみるだけでも働き方の視野が広がります。

今日のポイント:転職活動5つのメリット
  1. 自分で起こす大きな環境変化
  2. キャリアアップ、収入アップ
  3. 自分の見つめ直し(市場価値、性格、人生設計)
  4. 今の環境の客観的な評価
  5. 人材市場の理解、転職タイミングの理解

これまでの時代は最初に入社した会社がその人の社会であり、全てでした。その小さな世界の中でどのような人生を送るか、どのようなキャリアアップをしていけるのか。悩んでいる人はたくさんいらっしゃいます。

しかし今では転職サービス、人材市場が活性化し、人材インフラが整っています。あとはあなたが「自分とは何者なのか」その市場価値を見つめ直すだけです。あなたの価値さえ見い出せれば、研ぎ澄ましていく方向さえ見えれば、変化の激しい時代でも安心して働く場所が保障されます。

自分の価値を見つめ直すことは少し難しく感じるかもしれませんが、今回は転職活動を具体的にイメージすることで簡単になるということもお伝えしました。

履歴書を作ってみて、あなたの人生を振り返ることから始めてもいいでしょう。
職務経歴書を作ってみて、あなたのキャリアを振り返ってもいいでしょう。
そして今勤めている会社の業界はどうなるのか。あなたのスキルで貢献できる業界はどこなのか。少しずつステップを踏みながら考えてみてはいかがでしょうか。